レンシレンジ教室

ネット小説書き・イラスト描き・映画感想なんかやってます。その時々で愚痴もこぼします。

本当に一から始めるイラスト講座 第一回「イラスト初心者が取るべき心構え」


イラストが描きたい!!

 

と思ったのは確か大学一年の終わりの頃だったレンシレンジです。

私も中々上達しないものの、毎日できるだけ絵を描くようにしています。

 

さて、このブログの名前は『レンシレンジ教室』

教室と銘打っている以上、何かしら役に立つ情報を発信していきたいと思っています。

で、現状映画と雑記が中心となっている我がブログですが、元々自分のイラストを広めたいとの意図でタイトルを考えていました。そのため、

 

イラスト要素をもうちょっと増やしたい

 

と言う気持ちが芽生えたのです。

なのでイラストに関するシリーズを作ります。

タイトルで既に言っていますが念の為、

 

本当に一から始めるイラスト講座

 

を始めたいと思います。

ちなみに第一回は具体的な説明回ではありません。

どういった人向けの講座なのか。そしてどういった心構えが必要なのかを説明いたします。

 

 

 

 

初めに

 

イラストを描きたいと思い立つのはどのような時か。

 

凄い絵を見て自分も描きたいと思い立つ。

自分の落書きをけなされて、見返そうと思い立つ。

なんかいきなり思い立つ。

 

正直きっかけはどんなのでも良いのです。

絵を描きたい! と思い立った時が、

貴方のイラストレーターとしての出発地点

なのですから。うわ凄いめっちゃ良い事言ってるやん私

 

しかし思い立ったは良いものの、何から初めたら良いか分からない。

身近に絵を描いてる仲の良い知人は居ないし、美術の先生に萌えイラストを描きたいなんて言えるはずもない。

 

しかし時代は21世紀。ハイテクな科学文明がお手伝い。

 

初心者「助けてインターネット!!

レンシレンジ「HAHAHA! 呼んだかメーン?

初心者「あ、もうちょっと上手い人をお願いします」

レンシレンジ「ぐわぁっ!?

 

はい、茶番ですね。先に進みましょう。

 

このご時世、ネットで検索すればいくらでもヒットする時代です。

もしくは書店に行けばイラストの指南書が飽和状態。

そう、今からイラストを始めようとしているそこの貴方。

 

君はめちゃくちゃ恵まれた時代に生まれたんだぞ!!

 

と言いたい。

私の時代では云々かんぬん……と昔語りを始めてもいいが、無駄に文字が増えるだけなので次に行きましょう。

 

 

 

参考になる情報が多すぎる

 

情報飽和の時代。『イラストの描き方』なんて検索しても、多すぎてどれを取捨選択すれば良いのかが分からない。

あまつさえ殆どのHPや指南書は、

 

「とにかくたくさん描きましょう」

「物をよく観察しながら描くようにしましょう」

「まずはラフを描いてから下書きに移ります」

「絵画教室に行きましょう」

 

違うんだよ!!

俺たちが知りたいのはそこじゃないんだ!!

 

という叫びを挙げたのは昔の私。

どれもこれも『多少は描ける前提』で言っている言葉が多いのだ。

きっとこれらの指南をしている人たちは、幼少期から絵を描き続けている玄人ばかりなのでしょうね。←偏見

 

貴方がイラストを描きたいと思い立ったのはいつですか?

 

中学生? 高校生? 大学生? 社会人? それとも老後の暇つぶし?

 

そう。わざわざ検索したり指南書を購入する人たちは、子供じゃないんです

無邪気に線を走らせることが出来ない、恥ずかしがり屋の大人なんです

 

紙に線を走らせて化物を量産できるほど自尊心は低くないし、

全くの初心者で絵画教室に突撃できるほどハートは強靭じゃない。

 

上達には絵をたくさん描くところから始めましょう?

 

その始め方が知りたいんだよぉ!!

 

そんな人達のための講座です。

 

 

心構えについて

 

第一回は具体的な説明をするつもりはありません。

これまでの人生で絵を描いたことが無い。夏休みの宿題は適当に済ませてきた。

そういった人たちに向けてまず言いたいのは、

 

絵は一日にしてならず

 

ってこと。

正直、上手くなるまでにかかる時間は一年や二年じゃききません。

普通にやっていれば十年かかってもまだ足りないんです。

 

たまに全くの初心者から一年で劇的に成長した絵師さんを見ることがあります。

しかし、これを天才という言葉で終わらせるのはよろしくない。

なぜならば彼らは、

 

貴方達が五年かけて描く量を一年で終わらせただけ

 

なのですから。

天才というより、人生の一部をイラストに費やした狂人と表現すべきです。←失礼

 

絵というのは描けば描くほど上手くなります。

もちろん、描き方の質によって上手くなるまでの時間は変わりますが、これは間違いない。

一定以上のレベルに達することは誰でも出来ます。

それ以上を求めるなら、狂人から廃人ジョブチェンジする覚悟が必要でしょう。

 

「最短で上手くなる方法が知りたい」

 

と思っているのならば、そんな方法はこの世には存在していないので諦めよう。

上達に関し、効率よく進めることは出来ます。しかし、それも人それぞれ方法が違うので、「これが必勝法だ!」と断言できる道筋はありえないのです。

 

それでも先程言った通り、描き続けていれば徐々にでも上達します。

 

この私が証拠だぁ!!

f:id:renshire:20190717201601j:plain

FGOイラスト

 

説得力がないって?

……どうやらこの短期間に貴方は私の画力を超えてしまったようだな。もう教えることは何もない。

 

茶番はともかく、継続して描き続ければ私程度にはなれますよ、という例でした。 

 

 

まとめ 

 

①イラストは時間のかかるものだ! 近道は無いと知れ!

 

②描けば描くほど上手くなるのがイラストだ! 天才ではなく狂人になれ!

 

 

次回はやっとこさ具体例!

第二回「イラスト初心者が最初にやるべき作業とその理由(仮)」

お楽しみに!